鳥居徹也ブログ (講演記録)

全国講演をビデオで報告します!

2015年04月



「私はこれが言いたかった!」というエッセンスです。

 (×)「幸せ」を結果とする人生
 (◎)「幸せ」を原因とする人生


私は大学を卒業して7年間
薬の営業マンをやっていました。
当たり前のことながら、

 売れれば   →  幸せ
 売れなければ →  不幸せ


というサイクルが続きました。

私は仕事をすることを愛する人間だったので苦しみました。
「仕事をして幸せになることはできないのか」と。

25歳のときでした。
悩んで悩んで、本屋さんで救いを求めていたとき
1冊の本に出会いました。
インドの哲人、クリシュナムルティの著作。
さまざまな人との対談集(『生と覚醒のコメンタリー2』)でした。

その中に、ズバリ「仕事」というタイトルの章がありました。
私は真っ先にそこを読みました。

仕事がうまく行っているときには幸せを感じていた政治家が
クリシュナムルティに質問します。
仕事がうまく進まない今の私は幸せではない。
どうしたらいいのか、と。
そのときのクリシュナムルティの答えが、講演にあるものです。

 あなたは仕事をして幸せなのか?
 それとも
 幸せであってかつ仕事をするのか?


25歳の私にはピンときませんでした。
しかし心の奥深いところでは衝撃を受けていました。
だからこの一節を暗記し
この言葉とともに今までやってきました。

あれから25年。
今年50歳になる私としては、
心の底からクリシュナムルティの言葉がわかります。
幸福は追求できない、
追求するものではない、と。



↑このページのトップヘ