鹿児島市教育委員会からのご依頼で
市内の3つの高校にて講演をしました。
タイトルは、

「チェスト行け!キャリアアップ・キャラバン in 鹿児島」

「チェスト行け!」とは鹿児島弁で
「気合を入れて必死で行け!」というような意味です。
文字通り、台風にこちらから向かって突き進むキャラバンとなりました。
2012.6.18(月)から6.19(火)の一泊二日でした。

なお、台風は当初の進路を大幅に変え、まったく雨知らず。
まさに「チェスト行け!」 の気合いが効いたのかもしれません。
しかし帰りはいけません。
鹿児島空港はよいのですが肝心の東京は暴風雨。
なんとかぎりぎり飛び立った飛行機は、関東目前で引き返し。
翌日の講演に穴をあけてしまいました。
全国講演7年目にして初めてのことでした。
関係者の皆さまにお詫び申し上げます)


まずは6.18鹿児島女子高等学校。
床をピカピカに磨くお掃除は有名で、
私も宮崎を回っているときに言われたのは

「廊下はよくすべるので転ばないように」

ということでした。
写真がないのが残念ですが、
生徒の皆さんはひたむきに廊下を磨いております。

これまた、写真・映像がなくて残念ですが
講演前の正座、あいさつの様子は圧巻でした。
白いシャツ姿の生徒の皆さんが、
正座し、いっせいに(一糸乱れず)礼をします。
しかも長い!(7,8秒か)
失礼ながら私は礼をせずに、
「あんぐり」口をあけてずっと
皆さんの様子を見させていただきました。
それはまるで、体育館に突如、
巨大な真っ白いカーペットが敷き詰められたようでした。
おそるべし、鹿児島女子!

↓鹿児島女子高校講演の様子


講演にはNHKテレビやKKB鹿児島放送が取材に来てくれました。
ありがとうございました。

この鹿児島女子高校で驚いたのは
校長室にあった貼紙です。
商業科の先生が「ここに貼ってください!」と持参した紙には…

「商業科目標:日商簿記2級+基本情報技術者試験=100名合格!」

と書かれていました!
(専門学校いらず…)

夜は市教委のみなさまと、
3つの高校の校長先生はじめ総勢約20名のお食事会。
いつまでもいつまでも
教育談義に花が咲きました。
熱い先生方です!

6.19午前、鹿児島商業高校。



こちらの高校はテレビでも取り上げられた、校歌斉唱のようす。
全校生徒約800名が「エビ反り」になって歌う様子は壮観です。

今回は講演終了後に
私一人のために応援歌「錦江湾頭(きんこうわんとう)」を
歌ってくれました。
ありがとうございました!



最後に感動して私、叫んでおりますが…
南日本新聞社の取材も入りました。
ありがとうございました。

鹿児島商業はスポーツが全国レベルの学校ですが
これから勉学も全国レベルとなるべく、
池崎校長先生が燃えておりました!

6.19午後、鹿児島玉龍中高一貫教育校。



午後の体育館は蒸し暑く、かつ薄暗く。
しかし生徒さんは熱心に聞いてくれました。
中学からの6年教育の成果でしょうか、
この春、現役で東大に合格した生徒も。
(東大合格者数だけで高校を評価してはいけないでしょうが…)
来春以降のさらなる躍進が期待されます。

こうして3校の講演を終えました。
鹿児島は私が小学6年生のときにはじめて飛行機で行った場所。
初めてブラックバスを釣った場所(in 池田湖)。

私は今まで7,8回鹿児島に行っていますが
一度も火山灰に降られたことがありません。
桜島はつねに私の前ではおとなしい…
しかしよく、鹿児島の方からいわれます、

「あなたは本当の鹿児島を知らない…」

そうなんでしょうか?
それはともかく、先生方も生徒さんも
大変熱い鹿児島でした。
(新幹線も開通しましたし…)

関係者の皆さま、特に市教委の米澤先生、山元先生。
お招きいただきありがとうございました!