鳥居徹也ブログ (講演記録)

全国講演をビデオで報告します!

2010年03月

宮崎県教育庁からの招聘により

3年かけて県内全域の高校で講演します。

とりあえず

6月21日~23日に連泊して何校かで連続して講演します。



実は私は毎年

長野県の戸隠神社に参拝します。

名前が名前だけに

(鳥居徹也:鳥居を徹るなり)

神社には深い縁を感じています。

戸隠に登り、祝詞をあげていただき下山すると

必ず何かが起こりました。

良いことも悪いことも。

しかし結果的にはすべて良き方向へと進みます。

ですから戸隠へ登ることは

私にとって1年で最も重要な日になるのです。



その戸隠の「戸」とは

宮崎県の「天岩戸神社」の「戸」といわれています。

天照大神が隠れてしまった「戸」がこじ開けられて吹き飛ばされた。

その「戸」が長野県に舞い落ち隠された、というわけです。



なのでぜひ一度

宮崎の天岩戸神社に詣でたいと思っていました。

宮崎には講演で何度か行ったので

その都度機会をうかがいましたが

何せ高千穂は遠い。

あきらめていたところ

昨年10月に大分県の佐伯市立昭和中学校から依頼が。

地図で調べると

なんと宮崎の県境にあり

高千穂に最も近いではありませんか!



「ここしかない!」

と計画を立てていたのですが

まあ、いろいろあってまたダメ。

「縁がないのかなあ」と思って帰ってきたら電話。

そして冒頭のお話をいただいた、というわけです。

もちろん二つ返事です。



「とにかく高千穂に行きたいんです!」

と訴えると、

「大丈夫ですよ、高千穂高校もありますよ」

とのこと。

ついに天岩戸への道が拓けた、というわけです。



最近キャラバン報告がおざなりになっていたのですが

宮崎県の報告はしっかりと行おうと思います。



2009年度からの近況です。





創立108年の伝統校である。


昨年の2月に


西原高校で呼んでいただき、


沖縄工業高校に異動された校長先生にまたお呼びいただいた。


ありがとうございます。


この時期の沖縄、ありがたいです。


なにしろ「花粉がない!」。


おかげさまで


久しぶりに熟睡できました。




2009年度からの近況です。





沖縄は日差しが強い。


プロジェクターに依存する私の講演にとって


明るさと音響は2大重要項目だ。


私のプロジェクターは2000ルーメン。


そろそろ3000ルーメンにものに切り替えようと思う。


そうすれば日差しの強い沖縄や宮崎でも大丈夫。




2009年度からの近況です。
 2009年度からの近況です。




今回はたまたまデジカメを持参していたので


道々撮影。


気温が26度。


ここのところ寒い体育館での公園が続いたので


大変快適だった。




実は講演が続いていた。


3/17(水)千葉県八街市立八街中学校、八街北中学校


3/18(木)八街中央中学校、八街南中学校


そのまま最終便で沖縄入り。




八街市教育委員会の先生から依頼をいただき


市内すべての中学校を駆け足で講演して回った。


八街市はなかなか大変な地域だというが


先生方の熱心な指導が印象に残った。




結局、


2009年度は全国46ヶ所で講演したことになる。


来年度は


4/9(金)の東京都立日本橋高校からスタートする。


また新たに


宮崎県教育委員会からの依頼により


宮崎県全域の高校を


3年がかりで講演して回る「キャリアアップ・キャラバン」がスタートする。


これは6/21から連泊。


スタートは高千穂からである。


これは私の希望。


ぜひ、天岩戸神社に詣でたかったのである。




ということで


2010年度もまたがんばります。


幼児教育とキャリア教育は一本の線でつながっていると思うので


そうしたテーマの本も構想中です。




「福音館書店社外講師」という新しい肩書きがついた。


今まで私の専門は「キャリア教育」となっていたが


そこに「幼児教育」も加わることになる。





しかし


キャリア教育とは何も高校生や大学生のものでもない。


「いかに生きるか」というテーマは


幼児期から、いや乳児期からすでに始まっている。


そんな意味も込めて


今「食育」の本なども書いている。





福音館書店というと


絵本の老舗である。


「グリとグラ」は誰もがお世話になる名作だ。


もちろん


私もお世話になった。





遊びには「モノ」が必要だ。


すなわち「玩具」と「絵本」。


玩具は身体の遊戯、絵本は精神の遊戯ともいわれる。


この遊びの両輪を


いかに保護者のみなさんにわかりやすく伝えるか。


これが私のテーマだった。


発達心理学や脳科学の本をたくさん読んで


的確な言葉を探していった。

これは今でも進行中である。





現代ほど


情報があふれかえっている時代はなかっただろう。


みんながみんな、


情報の洪水に溺れそうだ。

さもなければ

情報に鈍感になる。


これからは的確に伝えなければならない。


伝えられなければならない。


各地の幼稚園や保育園が


私の講演の場所になるかもしれない。


キャリア教育に加えてさらにもうひとつ、


ダブルメジャーでがんばろう!


しかしまだまだ勉強不足だ。


さらに読書に励もう!



↑このページのトップヘ